EOS RのAIサーボAFが思いのほか優秀だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Overview: After the previous article, I tested EOS R Ai servo focus again, and be fully convinced that EOS R Ai servo is really excellent and useful.

以前の記事(【実機テスト】EOS Rで動く被写体にピントを合わせる)でEOS RのAIサーボAFの挙動についてご報告しました。

そのときの結論は、AIサーボAFがきちんと仕事をしているのか、いないのか、今ひとつよくわからない、というものでした。

今回改めて検証した結果、実はかなり優秀であることがわかりました。少なくとも動いている列車の撮影にはかなり役に立ちます

前回同様、列車の撮影でチェックしましたので、その結果をご覧ください。

結論

AIサーボAFで撮影した画像のAFフレーム合焦状況はあてにならない

AFフレームでいったん対象をつかむとかなり正確にピントが合い続ける

領域拡大AFは、隣接したAFフレームでピント合わせを行う、とあるが、たとえ隣接するAFフレームから外れてもピントが合い続ける

AIサーボの合焦状況

ラージゾーンAFを使ってまっすぐ向かってくる列車を撮る

跨線橋の上からの撮影です。

縦方向のラージゾーンAFAIサーボAFで撮影しました。

列車が画面に入ります

遠景なので少々かすんでいますが、等倍表示でご覧いただくとこの時点でピントは列車正面にほぼ合っていることがわかります。

赤く表示されているのが合焦しているAFフレーム、黒く表示されているのが合焦していないAFフレームです。

EOS R AIサーボAF テスト

列車正面等倍表示

EOS R AIサーボAF テスト

近づいてきました。

列車の正面は合焦したAFフレームから外れましたが、列車正面の等倍表示を見ると、かっちりピントが合っています。

EOS R AIサーボAF テスト

列車正面等倍表示

EOS R AIサーボAF テスト

さらに近づきます

うーん、惚れ惚れするくらいピントが合っています。

EOS R AIサーボAF テスト

列車正面等倍表示

EOS R AIサーボAF テスト

一番手前まで来ました

素晴らしいです。文句のつけようがない。がしかし、赤いAFフレームの位置は最初と変わりません。

EOS R AIサーボAF テスト

列車正面等倍表示

EOS R AIサーボAF テスト

4枚目の撮影条件はこちら

合焦しているAFフレームの表示が動かない

さて、ピントは素晴らしく合っているのですが、合焦しているAFフレームの赤い表示は明らかに正しくありませんね。

領域拡大AFを使って近づいてくる列車を撮る

線路脇に立って近づいてくる列車を撮ります。

線路際にすすきや樹木などの障害物が多いため、領域拡大AFを使って撮影しました。

領域拡大AFとは、AFフレームを指定すると、対象物の動きに応じてその上下左右のAFフレームまで使ってAFが行える、というものです。

列車が画面に入る

この時点でピントがしっかり合いました

EOS R AIサーボAF テスト

列車正面等倍表示

EOS R AIサーボAF テスト

列車が近づいてきます

AIサーボがいい仕事をしています。

EOS R AIサーボAF テスト

列車正面等倍表示

EOS R AIサーボAF テスト

最接近

シャッター速度不足で画像が少々ぶれていますが、ピントはバッチリ。ぶれていなければ製造銘板が読み取れるでしょう

EOS R AIサーボAF テスト

列車正面等倍表示

EOS R AIサーボAF テスト

3枚目の撮影条件はこちら

AF領域の拡大が半端ない

最接近した画像は選択したAFフレームも、そして隣接したAFフレームも列車から外れていますが、引き続きピントが合い続けています。(少なくとも合い続けているように見えます)

また、この場合も合焦しているAFフレームの表示が間違っているのは明らかです。

以上、読んでくださりありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください