惜別 三江線 絶景撮影地26選

この素晴らしさにもっと早く気づいていれば…

この9月に、廃止前に三江線に乗っておきたいという友人に付き合って三江線沿線に出掛けました。わたしは既に乗車済みでしたので今回は久しぶりに撮影をすることに。

中国地方の路線では、木次線、芸備線は撮影したのですが、三江線は列車本数が少なく効率が悪そうに思えたため撮影はしていませんでした。正直、芸備線、木次線で撮影できた写真があまりぱっとしなかったため、三江線への期待も限りなく低かったのです。

がしかし、この9月の撮影でその認識を改めなければならないことを思い知りました。三江線は素晴らしい被写体だと思います。今は、わたしのお気に入りの高山本線にも勝るとも劣らない、という認識です。それにもう少し早く気づいていれば、何を置いても今年の桜の時期に出掛けていたのですが、今となっては後の祭りです。

撮影スポットを三次側からご紹介します

せめて廃止前にそれに気づけたことに感謝し、残る紅葉と雪のシーズンを逃さず捉えたいと考えています。

友人に付き合って以降も、2回撮影に行きました。今回は、この、都合3回の撮影で見つけた撮影スポットをご紹介します。(このブログでは初めての最新データ入り絶景撮影地ガイドです)

まだ島根県側が充分に開拓できておりませんので、撮影スポットは三次寄りが多くなっています。 続きを読む

鉄道写真 富山地方鉄道 絶景撮影地31選

雪山バックの鉄道写真が好きなわたしは、富山地方鉄道をご紹介せずにはいられません。オリジナルの車両も保有し、何度も出掛けたくなる魅力的な路線です。

今回は、2010年ごろに撮影した富山地方鉄道の写真を、撮影地別にご覧いただきます。雪山バックの似たような写真が多いですが、何卒ご容赦を。

本線

電鉄富山側から宇奈月に向かって進んでいきます。

越中荏原-越中三郷間

鉄橋を行く富山地方鉄道

鉄橋を行く富山地方鉄道

撮影地の地図

撮影地の地図

続きを読む

1200円で作れるハイエース用DIY自作換気扇

車内に新鮮な空気を取り入れたい

いつも参考にさせて頂いている48rider.com様の記事、1分300円で網戸を作る!夏の車中泊用自作網戸 ハイエース200系にある網戸を取り付けて、虫を気にせずに外気が入ってくるようになったのですが、自然の風だけではなかなか車内の熱気を追い払えません。しかし、既製品は高い。

そこで、例によってダイソーで売っている物品を活用して外気を取り入れるための換気扇を作ってみました。

準備するもの

ファン 

アマゾンでPCファン同様の形をしたファンを購入。但し、電源コードはUSBなのでPCファン、というわけではないようです。今回使用した直径12センチのファンは899円。

商品のリンク

12センチファン

12センチファン

ワイヤーネット 

ソーラーシステムの機器を取り付けるのにも使ったワイヤーネット、40cm×40cmです。本体からラベルを剥がしてしまったので、写真が本体とラベルの二枚に分かれています。100円

ワイヤーネット

ワイヤーネット

続きを読む

鉄道写真特急はまかぜ絶景撮影地19選

2003年に特急いなばが、2005年に特急いそかぜが廃止となり、残るキハ181の定期列車は東海道本線~山陽本線~播但線~山陰本線を走るはまかぜのみとなりました。今にも廃止されるのではないかと危惧していましたが、その後2010年にキハ189系に置き換えられるまで思いの外長い間キハ181の活躍は続きました。密かに国鉄色の復活を祈っていたのですが、それは最後までかないませんでした。

2003年から2010年ごろに主に兵庫県ではまかぜを撮影した写真を姫路側から鳥取側へ順にご覧いただきます。

なお、毎回記載方法が変わってしまい、申し訳ありませんが、今回は撮影位置を地図上の吹き出しで表示しています。また、各撮影地の2010年以降の状況は当方では把握していませんので各自でご確認いただくようお願い致します。

溝口-福崎間

小さな跨線橋からの撮影です。線路は北に向かって上り坂となっており、はまかぜは盛大に煙を吐きながら登っていきます。

特急はまかぜ

煙を吐きながら坂を登る特急はまかぜ

続きを読む

高山本線 秋の紅葉を撮る 絶景撮影地11選

以前にアップした鉄道写真 紅葉が真っ赤 秋の高山本線が、撮影地の場所について一切触れていなかったので、それぞれの位置を明確にした上で絶景撮影地ガイドとして整理しました。なお、本稿に掲載した写真は上記記事と重複していますのでご承知置き下さい。

写真の後に掲載した吹き出しの位置が撮影地です。(吹き出しが複数ある場合は矢印で示してある方)

なお、吹き出しの中の数字は無関係ですので無視して下さい。

上麻生-白川口間

飛水峡です。川と列車を両方入れようとするとアングルに苦労します。(でも、両方入れないとここへ来た甲斐はないので頑張って入れるわけですが)また、午前中~昼は、この写真のように川に山の陰が落ちます。

ちなみに、この写真はexifデータによると、2004年11月23日11時10分に撮影されています。山と川との位置関係からすると午後3時頃には川にかかる山の陰が一番小さくなりそうに思われます。(あくまで机上の予想なので、行ってみたら別の問題が発生しているかもしれませんが)

特急ワイドビューひだ

特急ワイドビューひだ

撮影スポット地図

撮影地地図

上の写真より4キロくらい上流から。列車のサイズが微妙ですが、列車を大きく取ろうとすると、今度は紅葉が微妙になるというこのジレンマ。 続きを読む

アマゾンで人気 品切れのマットレス 類似品で代替可能か?

車中泊用にアマゾンで人気のマットレスを購入

ハイエースでの車中泊用にアマゾンで人気のブリジストン製マットレスを購入しました。

ブリヂストン マットレス 高硬度6つ折マットレス セミシングル(たて180×よこ80cm) ブラック BMS-4661SS(BK) 

ハイエースに積んだベッドキット下段の巾は1.3mほどあるので、全面に敷き詰めようとすると2枚必要なのですが、まずは一枚購入してどのようなものかを確認することにしました。

このマットレスはレビューが非常に高評価で、主な理由はそのコンパクトさと適度な固さです。一方、低評価の方々からは、ウレタン臭がする、一ヶ月ほどでクッションがへたった、などのレビューもあがっています。

9月に三江線の撮影に出掛けた際にコイツを持参して使ってみたのですが、わたしは臭いは気になりませんでした。寝心地も適度な固さで悪くありません。コンパクト性を重視して厚みが4センチと薄いので、ウレタンを固くしてそれを補っているかたちです。

耐久性については今のところ不明。

もう一枚欲しいのに品切れ…

そこで、ベッド前面に敷き詰められるよう、もう一枚購入しようとしたのですが、 続きを読む

ハイエースソーラーパネルDIY 機器選定と施工方法

ソーラーパネルを付けようと思った理由

車で旅行した場合、1つの場所に数日とどまるケースがあります。

1つは妻の実家に帰省した際の待避所として使う場合。また、一箇所にとどまってじっくり写真撮影を行いたい場合。そして、災害時の避難所代わりに使う場合。

特に燃料の入手が困難になる災害時を考えると、ソーラーパネルがあるとないとでは大違い。

例によってネットで情報を集めてハイエースにソーラーパネルを載せることにしました。

システムの仕様検討

車内で使いたい電気機器は?

 PC、電気ポット、USB扇風機、電気毛布、車載冷蔵庫、USB充電器など。PCは自作デスクトップを使いたいため、通常100W程度(起動時などは300W程度)、電気毛布は60W程度、ポットは500W程度、冷蔵庫は30W。 続きを読む

ハイエースシート収納時に使える棚 1000円30分でOK

畳んだシートの上に物が置きたいが…

2段ベッドキットを付けた状態で車を停めて車内で食事や睡眠を取る場合、(一般的にはどうなのかわかりませんが)わたしは二列目シートを畳むことが多いです。

その際、ベッドの上に置いてある荷物をなるべく取り除いてどこかへ移動させようと思うのですがそのための十分なスペースがなく、畳んだ二列目シートの上部のスペースに何か置く事ができないかとずっと考えていました。

結果、ダイソーの商品を利用して、1,000円(税抜き、ハンマー抜き)で棚を作ることができましたので、作り方をご説明致します。

(なお、これは販売者が意図する本来の用途とは異なる使い方ですので、試される場合は自己責任にてお願い致します。また、本稿はハイエース200系4型 ロングバン・標準ボディ・標準ルーフに適用した物であり、これ以外のボディタイプでは状況が異なってくる可能性があります。)

1.必要なもの

(注意:以下の写真では棚が2つ写っているものもありますが、下記の部品数は棚1個分です)

購入したのは、以下の品々です。

ジョイントラックCHRシリーズのポール (合計6本、税別 600円)

25cm × 2本

39cm × 2本

延長ポール38cm × 2本

ジョイントラックの部品

ジョイントラックの部品

ジョイントラック用棚 25cm × 45cm × 1個 (税別 300円) 続きを読む

アイスマートキッチン排水管をピーピースルーFで清掃してみた

前回は排水管清掃用の道具で排水管をさらえたものの、水をたくさん流したときに発生するゴボゴボという異音は消えませんでした。

しかも、音が発生しているのは配管のかなり先の方。

次なる新兵器

前回の道具を奥に突っ込んでいけば何とかなるのかも知れませんが、汚れを掻き出すのに相当な手間がかかりそう。そうなると次は薬剤が良さそうです。

そこで、アマゾンで見つけたのがこれ。

「ピーピースルーF」   

ピーピースルーF

ピーピースルーF

ちょっと怪しいネーミングですが、レビューの評判は上々です。また、同じメーカーでさらに強力な「ピーピースルーK」もあるのですが、こちらは劇毒物なので「劇物譲受書」と身分証明書の提出が必要と、ちょっと面倒。また、「ピーピースルーK」の方は「反応熱で高温になるため、柔らかい排水管に本品を使用する際は、溶液の熱でパイプが変形する恐れがあります…」との記載もあったため、まずは無難そうな「ピーピースルーF」で試すことにしました。 続きを読む

SLの楽園 大井川鐵道 絶景撮影地25選

福用お立ち台にて

SLを撮りまくるなら大井川鐵道

静岡県の金谷駅から北に延びる大井川鐵道は、桜シーズンや紅葉シーズンになると2往復、3往復ものSL列車が運行されるという、他ではありえない運転頻度を誇ります。しかも、こういった多客期には平日もSLが運行されます。

従って、こういった時期の土日にフルで滞在すると、多いときは6往復ものSLの撮影を行うことができます。これってよそならほぼ一ヶ月分ですね。

例によって今回ご覧いただく写真は2004年~2007年ごろと、少々古いものです。このころはまだトーマス号などは走っていませんでした。また、各駅停車は元近鉄の420系、元京阪の3000系が元気に走っていました。

なお、撮影地の状況などはその当時のものであり、現在は変わっている可能性がありますのでご注意下さい。(って、言うまでもないか…)

それでは、主な撮影地を金谷側から見ていきましょう。地図上の記号は、写真の撮影場所の番号に相当します。

地図

撮影地①、②、③

続きを読む