古い写真の色あせ3通り 傾向と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古いフィルムの状況

長年蓄積してきたフィルム、写真を整理してわかったのは、印画紙にプリントした写真よりもフィルムのほうが経年劣化が激しいということです。今回整理したアナログ写真は1978年から2003年ごろに撮影されたものです。印画紙にプリントされた写真はさほど劣化していませんが、フィルムは、ほぼ全てにおいてカラーネガフィルムが黄色に、カラーポジフィルム(いわゆる、スライド用のフィルム)は赤色に変色していました。

ネガフィルムのひどいものはこんな感じです。全面真っ黄色。

退色したネガフィルムは真っ黄色

ポジフィルムはこんな感じで、全体に赤みを帯びています。

退色したポジフィルムは真っ赤

ネガフィルムの退色レベルと修正方法

ネガフィルムの退色にも幾つかの段階が有り、それによって修正法が若干異なってきます。

(1)簡単な補正で綺麗に修正することが難しいレベルの退色

綺麗に修正することが難しいレベルの退色

これは、30年以上前のネガフィルムをスキャンしたものです。ブルーが著しく退色して画面全体がその補色であるイエローに染まっており、ブルーとイエローの色情報がほぼなくなっていますので色情報をいじってなんとかしようとしても修正は困難です。

ブルーのヒストグラムを見ると、下記のように、暗めのところにひとかたまりに残っているだけで、ブルー、イエローの情報は大半が消えてしまっています。こうなるとブルー、イエローについては後付で塗っていくしかなく、機械的な処理での対応は難しいです。

綺麗に修正することが難しいレベルの退色

エプソン製スキャナーの付属ソフト、エプソンスキャンで退色補正を行うと、下記のようになります。

空は黄色く、また、地面は青くなっています。トーンカーブをいじって空の黄色を消そうとすると地面がますます青くなり、地面の青を消そうとすると空の黄色がますます黄色くなります。

退色したフィルムをエプソンスキャンで修正した結果

修正方法 ブルーの退色が激しいため、ブルー、イエローは機械的な修正が困難。自力で色塗りをするか、専門業者に依頼するしかありません。

(2)簡単な補正で修正可能なレベルの退色

簡単な補正で修正可能なレベルの退色

一見すると(1)のケースと同じレベルで劣化しているように見えます。しかし、ブルーのヒストグラムを見ると、下記のように、(1)に比べれば多くの情報が残っているのがわかります。

復活可能なレベルの退色

これは、機械的な処理で一応は見れるレベルまで修正が可能です。また、エプソンスキャンで「退色復元」を行えば、ほぼ問題なく修正が可能です。

エプソンスキャンで退色補正を施すと、下記のようになります。

ゴミ取りが不完全で、ホコリがたくさん付着していますがご容赦願います。

簡単な補正で修正可能なレベルの退色の補修例

また、別項でご説明するフォトショップを使った機械的方法で補正すると、下記のようになります。

若干黄色いですが、このあたりはさじ加減が可能です。

簡単な補正で修正可能なレベルの退色の補修例

 

修正方法 フォトショップを使って手動で修正可能。また、フィルムスキャン時に、エプソン製スキャナーの付属ソフト、エプソンスキャンで「退色補正」を行っての修正も可能。

(3)軽度の退色

軽度の退色

全面がやや黄色みを帯びている状態です。このケースは下記の通り、ブルーのヒストグラムに十分な情報が残っているのがわかります。

軽度の退色

エプソンスキャンで退色補正を行うと、下記のようになります。

軽度の退色の補修例

また、別項でご説明するフォトショップを使った機械的方法で補正すると、下記のようになります。

修正方法 フォトショップを使って手動で修復可能。また、フィルムスキャン時に、エプソン製スキャナーの付属ソフト、エプソンスキャンで「退色補正」を行っての修復も可能。

(2)と(3)の修正方法は同じですが、(2)の場合はエプソンスキャンではうまく補修できない場合もあるので、その場合はフォトショップで修正することになります。

 

以上、読んでくださり、ありがとうございます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA