ノンフライヤーで冷凍コロッケを加熱してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冷凍コロッケをぱぱっと食べたい

ノンオイルフライヤーやコンベクションオーブンは、油を使わずに揚げ物が作れる、とされていますが、冷凍コロッケを加熱したらどうなるのでしょうか。やってみました。

揚げない鶏の唐揚げを作るのに使ったシロカのST-G121でコロッケを加熱してみます。

冷凍コロッケをコンベクションオーブンで温める

今回使うのは、業務スーパーで売っている、この冷凍コロッケです。

冷凍コロッケ

トレーにコロッケを6個並べます。

冷凍コロッケをトレーに並べる

ノンオイルフライヤーやコンベクションオーブンは、食品に含まれている油のおかげで揚げ物らしく仕上がる、と聞いたので、試しにコロッケの中央部にオリーブオイルを垂らしてみました。

コロッケにおブールオイルを垂らす

加熱開始

モード:コンベクション、温度:220℃、時間:20分

コンベクションオーブンで加熱

20分後は写真の通り。焦げ色がまだ薄いです。

焼け色が薄い

そこで、追加加熱。

モード:コンベクション、温度:280℃、時間:10分

更に追加で10分間加熱

終了後は、写真の通り。上面がこんがりきつね色になりました。

きつね色に焼きあがる

味は今ひとつ

割ってみると、こんな感じ。焼け色は薄いですが、熱は中まで通っており、衣もそれなりにカリカリしています。

できあがり

ただ、揚げ物のサクッとした歯ざわりではなく衣が焼けて固くなった、という感じの食感。

コンベクションオーブンによる調理でも食べることはできますが、美味しく食べようと思うのなら油であげたほうが良さそうです。

また、オリーブオイルを垂らしてはみたものの、オイルが付いていない部分と比べて味、焼け具合に特に差はなく、効果は認められませんでした。

 

以上、読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください