大糸線鉄道写真

大糸線絶景撮影地18選

これまでの記事でご紹介した写真の主なものについて、絶景撮影地ガイドとしてまとめました。わたしが大糸線に足繁く通っていた2009(なんとまあ、もう9年前ですか…)現在のデータですので、現在は変わっている可能性があることをお含みおきください。

なお、グーグル・マップグーグルストリートビューで可能な限り現状を確認し、付記しました。

安曇沓掛-信濃常盤1

線路脇から山バックの素敵な写真が撮れます。昔からの人気撮影地です。

国道147号線が線路を超える付近からも見下ろす形で撮影可能です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
続きを読む

鉄道写真 満開の桜とキハ52 春の大糸線

キハ52+桜にギリギリ間に合いました

大糸線を桜の時期に訪ねたいと思いつつ、なかなか機会に恵まれずにいました。

やっと行けて天気にも恵まれたのが2009年の春でした。翌年3月のダイヤ改正でキハ52は(私の嫌いな)キハ120に置き換えられたため、キハ52と桜の組み合わせにはぎりぎり間に合った格好です。

この桜は線路から随分離れていたのですが、無理やり列車と一緒に撮りました。

キハ52と桜
続きを読む

鉄道写真 雪に映える国鉄色キハ52 冬の大糸線

キハ52の国鉄色で魅力倍増だった大糸北線

大糸線の非電化区間は、冬の寒い時期に何度も訪れました。

わたしは気に入った場所ができると何度も何度もそこへいって同じアングルから写真を撮ることが多いです。毎回、そうかわり映えしないのですが、同じアングルの同じような写真でも、その時の天候によって写真の雰囲気はかなり変わってくるため、自分では良い写真が撮れた、と勝手に満足していることが多いです。

わたしが鉄道写真を撮り始めたのは2003年ごろで、年齢はすでに40を過ぎていました。学生時代は鉄道研究会に入ってはいましたが、もっぱら鉄道旅行をして過ごしており、撮影機材を買うお金もなかったので写真撮影には手を出せませんでした。それが何故か40を過ぎてから突然目覚めてしまいました。フィルムと紙の写真が整理できず、溜め込んで放置してあったため、面倒な写真の整理から開放してくれるデジタルカメラに飛びついた格好です。

これは撮影を始めた頃の写真です。

デジタル一眼は高価だったので、税込み9万円ほどする高価なレンズ一体型のデジカメを買って撮影していました。

(9万円あれば、今なら入門機のダブルズーム付きが軽く買えてしまいますね)

冬の大糸線キハ52

(長野県北安曇郡小谷村北小谷、2003年1月撮影)

続きを読む

鉄道写真 絶景の雪山に映える冬の大糸線

鉄道写真 冬の大糸線

大糸線といえば冬です。今回は、大糸南線(南小谷より南)の写真をお送りいたします。

大糸線の撮影は、金曜の夜、名古屋から徹夜で走って道の駅アルプス安曇野・ほりがねの里で仮眠し、翌朝から撮影してその日は道の駅おたりで風呂に入って車中泊、翌日また撮影して戻る、というのがいつものパターンでした。仮眠して朝起きると、窓が凍ってこんな感じです。

冬の大糸線

(長野県安曇野市堀金、2003年1月撮影)

大糸南線の有名撮影地といえば、まずは八方尾根スキー場バックのこちら。この日は、雪が降った後空がきれいに晴れ渡るという、理想的な状態で撮影できました。この頃はまだスーパーあずさが大糸線に乗り入れていました。

大糸線115系電車
大糸線スーパーあずさ

(長野県北安曇郡白馬村北城、2006年1月撮影)

続きを読む

鉄道写真 夏・秋の大糸線

夏・秋の大糸線

大糸線は、アルプスの威容をバックに撮影できるので、雪山バックの鉄道写真を撮るのに最適な路線です。南小谷から北のJR西日本エリアは2010年3月まで国鉄色のキハ52が走っていて人気でしたが、キハ120に変わってからの写真はネットでもあまり見かけませんね。(わたしもあれは全く好みではありません。ついでに、キハ187も。)

キハ52と合わせて、スーパーあずさのE351が好きだったのですが、最近は大糸線には来なくなってしまったようです。(実は居住地が変わった関係でわたしも最近は大糸線に行っていませんので、情報に疎くなっていますが。)

雪山の威容

大糸線は、もっぱら冬に来ることが多く、夏、秋には数えるほどしか来ていないので、今回は写真少なめです。

わたしは登山はしませんが、雪をかぶった山肌へのあこがれが強く、雪山バックの写真は大好きです。初夏の新緑の写真でも、後ろに雪山が控えていると写真がぐっと引き締まると申しましょうか、個人的には写真がアップグレードしたような気分です。

大糸線キハ52国鉄色

(新潟県糸魚川市山本、2007年6月撮影)

続きを読む