鉄道写真

フォトショップ新機能で黄ばんだ写真を補正する

フォトショップにモノクロ写真をカラー化する新機能登場

当ブログの初期にフォトショップを使って古い写真をどうやって綺麗にするか、という記事を何本か書きました。その後は何ら進展もなく、当時補正が難しいと結論づけた古い写真はそのままにしていました。

最近になってAIを使ってモノクロ写真に色つけをすることに成功したという記事や実際にそれを試せるサイトなども出てきて、いずれフォトショップにそういった機能が搭載されるのではないかと期待していました。

そして今秋のフォトショップメジャーアップデートをチェックしていたら、ベータ版ながらカラー化機能が搭載されたとのこと。

さっそく試してみたのは以前の記事でもご紹介したこの写真です。古いネガフィルムをスキャンした画像ですが、青が退色して全体が黄色くなっています。

フォトショップ補正前

無理矢理こねくり回して色を付けたのがこちら。結構な時間を費やしたのですが、不自然な絵になってしまいました。

これをニューラルフィルターでカラー化したのがこちらです。ボタンを押して数秒で出来上がりました。ちょっと暗く彩度も低いですが無理矢理色つけしたものよりも自然な仕上がりです。

フォトショップでカラー化

そこで、手元にある古い写真を使ってどこまでやれるのかを試してみました。

続きを読む

2020年11月版只見線ダイヤグラム現地撮影地情報入り

本ダイヤグラムについて

長い間更新をサボっておりましたが、2020年11月号JTB時刻表に準拠した只見線のダイヤグラムを掲載しましたので撮影にお役立てください。ダイヤグラムは、ダイヤ作成ソフトOuDia(http://take-okm.a.la9.jp/oudia/)を用いて作成しました。

ダイヤグラムは5:00から20:00までを3ページに分けて掲載。10月に運転される風っ子只見線紅葉号只見紅葉満喫号のダイヤも記載した のですが、運転日の10月24、25日に記事が間に合いませんでした。すみません。

ダイヤグラムには旧田子倉駅の位置を記載しましたので、列車通過時刻の目安としてお役立てください。

例年1月20日頃から3月末までは冬ダイヤとなって本ダイヤとは運転時刻が若干ずれますのでご注意ください。

なお、図中に記載した撮影地の番号は、下記の2つの記事の撮影地につけたカッコつき数字に対応しています。


続きを読む

2020年11月版山口線ダイヤグラム撮影地情報入り

3月以降、長い間更新をサボっており、申し訳ありません。JTB時刻表2020年11月号を元に作成した山口線のダイヤグラムを掲載しましたので、やまぐち号の撮影にお役立てください。ダイヤグラムは ダイヤ作成ソフト OuDia を用いて作成しました。
前回アップした2020年3月14日ダイヤ改正版と比べると、実のところほとんど変わっていません。臨時列車が消えたぐらいです。

これまで同様、勝手ながら始発駅の発車時刻が18:00を過ぎる列車は省略してあります。また、ダイヤグラムは、やまぐち号を除く臨時列車は破線で記載しています。(今回は該当なし)

また、ダイヤグラム上に撮影地の位置上り下りどちらの撮影に適しているかを矢印で示してあります。撮影地の位置はカッコつき数字で示し、このカッコつき数字は撮影地の見出しに追加したカッコつき数字に相当します。(なお、撮影に適した列車の方向は、あくまでSLを撮影する場合です)
カッコつき数字が書いてある位置は、おおよそ撮影地から撮影できる列車の位置に配置したつもりです。(多少のズレはご容赦を)

なお、撮影地の番号は、下記の二つの記事の見出しにつけた番号に対応します。


続きを読む

(公開終了)グーグルマップですぐに行ける 只見線絶景撮影地13選

記事公開終了のお知らせ

勝手ながら本記事は10月3日をもって公開を終了いたしました。
今後は下記の記事をご覧いただくようお願いいたします。

(公開終了)SLの楽園 大井川鐵道 絶景撮影地25選

記事公開終了のお知らせ

勝手ながら本記事は9月15日をもって公開を終了いたしました。
今後は下記の記事をご覧くださるようお願いいたします。

(公開終了)【Google マップリンク付改訂版】大井川鐵道絶景撮影地24選

記事公開終了のお知らせ

勝手ながら本記事は5月10日をもって公開を終了いたしました。
今後は下記の記事をご覧くださるようお願いいたします。

大井川鐵道 井川線 絶景撮影地16選

気軽に行ける秘境路線

井川線には2006年に一度撮影に行ったことがあります。素敵な撮影地が沢山あったのですが、さすがに2020年にそれをそのまま記事にするのもはばかられるので、今回関東に出かける用事のついでに久しぶりに立ち寄ることにしました。井川線は黒部峡谷鉄道並のとんでもない秘境路線ですが、並行する道路が整備されているので多くの撮影地は車の移動のみで撮影が可能です。以前のダイヤを見ると現在よりもはるかに運転本数が多く、早朝から夜までぴっちり運転されていたようですが、今は日中のみの運転となっています。

それでは、撮影地を千頭→井川(つまり南から北へ)の順にご紹介します。なお、撮影地までの移動に自動車同士のすれ違いが困難な狭隘路を通る場合、狭隘路あり と表示しています。具体的には、所々で設置された道が広がった場所でしか車がすれ違えないこんな感じの道を指します。

大井川鉄道井川線撮影地

沢間-土本1 狭隘路あり

対岸から鉄橋を撮影します。樹木が伸びてきて視界を邪魔しそうな勢いです。

大井川鉄道井川線
続きを読む

2020年3月14日ダイヤ改正 山口線ダイヤグラム撮影地情報入り

2020年3月号のJTB時刻表を元に作成した山口線のダイヤグラムを掲載しましたので、やまぐち号の撮影にお役立てください。ダイヤグラムは ダイヤ作成ソフト OuDia を用いて作成しました。
以前と比べると、特急列車の時刻がずれています。宮野以南の普通列車は大幅に、また、宮野以北の普通列車も若干変わっています。

これまで同様、勝手ながら始発駅の発車時刻が18:00を過ぎる列車は省略してあります。また、ダイヤグラムは、やまぐち号を除く臨時列車は破線で記載しています。

また、ダイヤグラム上に撮影地の位置上り下りどちらの撮影に適しているかを矢印で示してあります。撮影地の位置はカッコつき数字で示し、このカッコつき数字は撮影地の見出しに追加したカッコつき数字に相当します。(なお、撮影に適した列車の方向は、あくまでSLを撮影する場合です)
カッコつき数字が書いてある位置は、おおよそ撮影地から撮影できる列車の位置に配置したつもりです。(多少のズレはご容赦を)

なお、撮影地の番号は、下記の二つの記事の見出しにつけた番号に対応します。


続きを読む

2020年3月14日ダイヤ改正 只見線ダイヤグラム現地撮影地情報入り

本ダイヤグラムについて

2020年3月号JTB時刻表に掲載された3月14日ダイヤ改正を反映した只見線のダイヤグラムを掲載しましたので撮影にお役立てください。ダイヤグラムは、ダイヤ作成ソフトOuDia(http://take-okm.a.la9.jp/oudia/)を用いて作成しました。

ダイヤグラムは5:00から20:00までを3ページに分けて掲載。5月に運転される風っ子只見線新緑号(5月3日-5月5日運転)と只見新緑満喫号(5月23日、24日運転)のダイヤも記載しました。運行スケジュールは変更の可能性もあるので必ずHPなどでご確認ください。

なお、3月末までは冬季間の速度を落としたダイヤで運行されるため、3月中のダイヤ(黒の破線)と4月1日以降のダイヤ(黒の実線)を併記しています。

ダイヤグラムには旧田子倉駅の位置を記載しましたので、列車通過時刻の目安としてお役立てください。

なお、図中に記載した撮影地の番号は、下記の2つの記事の撮影地につけたカッコつき数字に対応しています。


続きを読む

2020年3月改正大井川鐵道ダイヤグラム撮影地情報入り

記載内容

2020年3月14日付け新ダイヤに対応した大井川鐵道本線のダイヤグラムです。ダイヤグラムはダイヤ作成ソフトOuDia (http://take-okm.a.la9.jp/oudia/) を用いて作成しました。通常ダイヤの向きは上が金谷、下が千頭ですが、千頭のほうが北にあるため、直感的にわかりやすいよう千頭を上にしています

金谷-新金谷間のみで運行される普通列車はすべて記載を省略しています。普通列車は黒の細線、SL急行とEL急行は赤の太線で表示しています。また、(1)、(2)などのカッコつき数字で示した撮影地の番号は、下記の記事の各撮影地につけた番号に対応しています。

おことわり

データの正確性には万全を期していますが、万が一間違っていた場合は何卒ご容赦ください。撮影地情報の数字の位置は概ね駅からの距離に応じて配置しましたが、多少のズレはご容赦ください。
データの見直しは随時実施する予定ですが、最新のダイヤ改正が反映されていない可能性もありますので必ずデータの改定状況を確認ください

続きを読む