Photoshop/Lightroom

フォトショップをマスターして写真の撮り方のここが変わった

去年の前半にフォトショップ及びライトルームの使い方を勉強し、昨年後半からはある程度使いこなせるようになりました。それと時期を同じくして鉄道写真の撮影を再開したのですが、フォトショップをマスターする以前と比べて明らかに写真の撮り方が変わりました。今回は、何が変わったのかをご説明したいと思います。(あくまでわたしの場合であり、一般的に見られる話なのかどうかはわかりません。)

露出は白飛びしていなければOKと考えるようになった

以前は画面全体の明るさのバランスを取る、とでも言いましょうか。明るすぎず、暗すぎず、といったあたりを(一応)気に掛けていました。従って、ヒストグラムを見ながら、もう少し全体を明るく、暗く、などと調整していたものです。

しかし、フォトショップ/ライトルームがあれば画面の明るさを調整することなどお手のものなので、画面全体の明るさをうんぬんするよりも、いわば画像データが存在しない状態である「白飛び」と「黒つぶれ」が知らないうちに発生してしまうことこそを絶対に避けるべきと悟りました。

三脚、水準器を使わなくなった(手持ち撮影が増えた)

以前は三脚によるアングル決め、水準器による水平出しには非常に神経質になっていました。従って、フィルムカメラよろしくカメラを三脚に取り付けた上でアングルを慎重に決め、撮影の際には水準器で正確に水平が出ていることを何度も確認していたものでした。

しかし、ライトルームを使った画像の傾き調整があまりに簡単にできてしまうことを知ってからは、重い三脚を担いで歩くのがすっかり億劫になりました。従ってかつては撮影の必需品だった水準器もほとんど使わなくなりました。

撮影枚数が増えた

かつては三脚でアングルをバッチリ決めた上で撮影していたのですが、今は手持ちなので列車が通り過ぎる間にアングルを変え、かつズームレンズの焦点距離を変えながら撮影しています。従って、1列車あたりの撮影枚数もおよそ二倍に増えました。 続きを読む

古い写真に位置情報を付加するならライトルーム が超絶便利

写真に位置情報を付けるには?

昨今は、コンパクトデジカメはもちろん、一眼レフでも当然のようにGPSユニットを内蔵し、撮影した写真にGPSデータを簡単に埋め込めるようになりました。

がしかし、デジイチにGPSがつくようになったのは本当に最近の話で、当然ながら私の使っているデジイチは、GPS機能が付いていません。

仕方ないので、カーナビの経度緯度表示機能を使って現在位置を表示させ、それを毎回メモしていました。で、自宅に帰ったらPCの地図ソフトで位置を再確認のうえ、それをファイル番号に織り込んで…。 続きを読む

これを読めばフォトショップツールの使い方がわかる

本書は こういう方におすすめです

  • フォトショップをちょっとかじった
  • 自分の写真をレタッチして作品として仕上げたい
  • フォトショップの使い方は大体わかっているが、自分の意図した効果を出すためにどのツールを使えばよいのかがわからない

なお、フォトショップ以外の画像編集ソフトにも通じる本質的な内容ですが、操作の説明はもっぱらフォトショップの画面が使われています。

(書評)デジタル写真の色を極める! 「写真の学校」

古い写真の修正方法を探して

随分前にフォトショップエレメンツ11を入手したのですが、あまりに盛り沢山な機能が理解できずにほぼ塩漬けになっていました。

デジカメがキヤノン製なのでキヤノンの純正ソフトであるデジタルフォトプロフェッショナルを時々使ってはいましたが、せいぜい明るさを変えてコントラストアップ、あとはコピースタンプツールで写り込んだゴミを取り除くくらいでした。

他の記事で書きましたが、最近になってスキャナーを使って古いフィルムや写真をスキャンするという長年の課題(?)に手を付けました。そして、これらの変色を修正する方法を探しているうちにまたしてもフォトショップにたどり着いてしまいました。 続きを読む

古い写真の色あせ3通り 傾向と対策

古いフィルムの状況

長年蓄積してきたフィルム、写真を整理してわかったのは、印画紙にプリントした写真よりもフィルムのほうが経年劣化が激しいということです。今回整理したアナログ写真は1978年から2003年ごろに撮影されたものです。印画紙にプリントされた写真はさほど劣化していませんが、フィルムは、ほぼ全てにおいてカラーネガフィルムが黄色に、カラーポジフィルム(いわゆる、スライド用のフィルム)は赤色に変色していました。

ネガフィルムのひどいものはこんな感じです。全面真っ黄色。 続きを読む