太平洋フェリーニューきたかみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仙台-苫小牧間で運行されていたきたかみがまもなく新造のニューきたかみに置き換わりますので、ニューきたかみについて簡単にまとめておきます。

客室

スイートルームがない

一番上級の客室は特等室となり、スイート系はありません。

ペットOKの1等ウィズペットルームの設定あり

客室でペットと一緒に過ごせます。一等料金+ウィズペット利用料(名古屋-苫小牧間で16,000円)が必要です。

施錠できるシングル客室の設定あり

いしかり・きそで設定のあるS寝台は施錠ができませんでしたが、ニューきたかみのエコノミーシングルは、従来のS寝台とほぼ同じ料金ながら、施錠が可能です。

2等寝台廃止

大部屋で大勢が寝る2等寝台が廃止となり、同じ料金でカプセル型のC寝台が利用できます。

従来からあるB寝台もグレードアップします。

B寝台とC寝台の違いは、カーテンとテーブル、鏡の有無以外にはなさそうです。

B寝台とC寝台(太平洋フェリーHPより引用)

なお、B寝台、C寝台とも各寝台にコンセントが配置されます。

太平洋フェリーHPより引用

客室の配置を見ると、C寝台の設定数はごくわずかのようです。

太平洋フェリーHPより引用

料金

現在発表になっているA期間(閑散期)の料金表を見ると、名古屋-苫小牧間は、いしかり・きその料金とほぼ同じです。(左側がニューきたかみ、右側が現状)
 C寝台=2等寝台
 B寝台は変わらず
 エコノミーシングル=S寝台の約10%増し
 1等クロスツイン=1等インサイドの約5%増し
 1等フォース、1等バリアフリー、1等ウィズペット=1等アウトサイドと同じ
   (ただし、1等ウィズペットは別途利用料+16,000円/1室)
 特等は変わらず

配船

ニューきたかみは1月就航ですが、3月までの配船表を見ると、名古屋-苫小牧間は、1月に1往復2月に2往復設定されているだけです。(3月はゼロ)したがって、従来のきたかみ同様、基本的に仙台-苫小牧間で運行されるものと思われます。

2019/07/22追記
その後の配船を見ると、苫小牧-仙台間専属となっており、名古屋-苫小牧間でニューきたかみに遭遇することはなさそうです。

以上、読んでくださりありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください