ミヨシ泡の石鹸ボディソープを水道水で直接薄めてもOKか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水道水をそのまま使ってみる

以前の記事では沸騰させて冷ました水道水を使ってミヨシ泡の石鹸ボディソープを薄めましたが、、先日、当ブログ読者の方から「薄めるには、塩素が含まれている水道水をそのまま使った方が雑菌に対しては有効ではないか」というアドバイスをいただきました。

そこで、早速ミヨシ泡の石鹸ボディソープを水道水で薄めてハンドソープを作ってみました。

湯冷ましを使うより遙かに簡単

自家製ハンドソープは、洗面所とトイレの二カ所で使っているのですが、残りを一個の容器に集め、もう一個を空けました。

これを水で洗います。

ミヨシ泡の石鹸ボディソープ

容器を洗います

これまでは、中を洗った場合は完全に乾くまで待ってから次の工程に移ったのですが、今回はこの行程は省略。すぐに水道水で薄めます。

秤に容器を置いてミヨシ泡の石鹸ボディソープを100グラム注いでから秤をゼロセット

ミヨシ泡の石鹸ボディソープ

水道水をくみ取って…

ミヨシ泡の石鹸ボディソープ

石けんと同じ重量だけ注ぎます。

ミヨシ泡の石鹸ボディソープ

あっという間にできあがり。

ミヨシ泡の石鹸ボディソープ

トイレに戻します。(しかし、写真に撮ると薄汚いのがよくわかる)

ミヨシ泡の石鹸ボディソープ

5日後

問題ありません。

ミヨシ泡の石鹸ボディソープ

ほぼ透明です

泡立ちもOK

ミヨシ泡の石鹸ボディソープ

10日後

ちょっと白濁してきたような気もしますが…。

しかし、理屈から言って、湯冷ましがOKなのに水道水でだめ、というのはないだろうと思われますので、このまま様子を見ます。

ミヨシ泡の石鹸ボディソープ

ちなみに、泡立ちはOKです。

ミヨシ泡の石鹸ボディソープ

三週間後

うーん、これはどうみても白濁しています。

ミヨシ泡の石鹸ボディソープ

ガラスのコップに移してみました。

ミヨシ泡の石鹸ボディソープ

色合いは牛乳に近いです。

ただし、手触りは通常の石けん水と同様にヌルヌルするだけで、腐敗してとろみがつくとか、底に固形物が沈殿するとかいった現象は起きていません。

もちろん、異臭もなし。

白濁して向こう側は全く見えない

牛乳っぽいです

沸騰させた水道水で薄めて以前から使っているものはどうなっているか?

こちらは以前から使っているもので、沸騰させた水道水で薄めたのは今回のテストの数ヶ月前です。

ミヨシ泡の石鹸ボディソープ

ガラスのコップに入れてみると、こちらの色合いはいかにも石けん水です。

ミヨシ泡の石鹸ボディソープ

ミヨシ泡の石鹸ボディソープ

小学生の頃、理科の授業で固形石けんを水に溶かしたのを思い出します

何が起きているのか?

ということで、明らかに今回のテスト品では何かが起きているようです。

考えられるのは、

  1. 石けんが腐敗している
  2. 水道水に含まれる消毒用の塩素と石けんが反応して白濁した

といったあたりでしょうか。

しかし、状況を見る限り、1は考えにくいです。異臭もなく、液がドロドロになっているわけでもありません。泡立ちも異常なし。

一方、2だとすると、5日目の段階でまったく白濁していないのが腑に落ちません。

もう一ヶ月くらい使って様子を見つつ、塩素と石けんの反応についても調査したいとおいます。

もしも何かご存じの方がおられましたら、ご教示くだされば幸いです。

以上、読んでくださりありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください