鉄道写真 北陸本線の有名撮影地

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北陸本線の最後は、わたしが通った撮影地の写真をお送り致します。

1.鳩原カーブ

2003年に撮影を始めた当初は、ここに何度も行きました。当時、ボンネット雷鳥の廃止が迫っており、週末の早朝には、結構な賑わいでした。

北陸本線鳩原カーブを行くボンネット雷鳥

北陸本線鳩原カーブを行くボンネット雷鳥

当時はこんなのも走っていました。懐かしい。

北陸本線鳩原カーブを行く485系しらさぎ

北陸本線鳩原カーブを行く485系しらさぎ

そして、こんなのもありました。今の681/683系くらいの頻度で485系の列車がバンバン走っていました。

北陸本線特急北越

北陸本線特急北越

寝台列車も、日本海、トワイライト、そして夏場は明け方にきたぐにを撮影することができました。

北陸本線特急日本海

北陸本線特急日本海

そして、朝は貨物列車もたくさんやってきました。

北陸本線貨物列車

北陸本線貨物列車

編成が格好良く撮れるのですが、それほど景色が良いわけでもないのでボンネットが廃止になってから程なくして、鳩原には行かなくなりました。

2.北陸トンネル入り口

ここは本当に良く行きました。自分の中では北陸本線を代表する場所という感じでしたので、富山県で開催される「おわら風の盆」向けにキハ181で臨時特急が走ったときも、迷わずここに行きました。(会社を休んで!)

北陸トンネルを駆け抜けるキハ181臨時特急

北陸トンネルを駆け抜けるキハ181臨時特急

雪の日にも何度も行きました。雪の量が多すぎて車両が見えないくらいの雪煙になることも多く、丁度良いあんばいになるまで粘って撮ります。

北陸トンネルを駆け抜ける特急雷鳥

北陸トンネルを駆け抜ける特急雷鳥

北陸トンネルを抜ける特急サンダーバード

北陸トンネルを抜ける特急サンダーバード

 

列車の切れ目がないので、撮り始めるとなかなか区切りが付かず、延々とり続けることに。

というのも、休憩をしているときに限って臨時列車でこんなのが来たりするので。

北陸トンネルを抜けるボンネット臨時列車

北陸トンネルを抜けるボンネット臨時列車

 

3.牛ノ谷のS字

ここ有名撮影地ではありませんが、個人的に気に入ってずいぶん通いました。流し撮りの回にも出てきた場所です。わたし以外の人がここで撮影していることはほとんどありませんでしたので、いつ行っても独り占め。

牛ノ谷のS字カーブを行く特急日本海

牛ノ谷のS字カーブを行く特急日本海

牛ノ谷のS字カーブを行く貨物列車

牛ノ谷のS字カーブを行く貨物列車

牛ノ谷のS字カーブを行くトワイライトエクスプレス

牛ノ谷のS字カーブを行くトワイライトエクスプレス

牛ノ谷のS字カーブを行く特急雷鳥

牛ノ谷のS字カーブを行く特急雷鳥

 

4.水橋

ここもよく行きました。しかし、雪山撮り放題の大糸線などと違って晴れていてもなかなか雪山が綺麗に見えず、収穫無しの時もありました。

水橋の雪山バック

水橋の雪山バック

写真のように雪山が映えるのは夕刻なので、早朝にやってくる金沢/大阪方面行きの夜行列車とこの景色を組み合わせることはできません。仕方ないのでトワイライトを後追いで撮影。

水橋の雪山バックを走るトワイライトエクスプレス

水橋の雪山バックを走るトワイライトエクスプレス

当時既に新潟行きの雷鳥は定期列車としては運転されていなかったので、国鉄色485系との組合せも取り損ねました。

水橋の雪山バックを走る485系改造車

水橋の雪山バックを走る485系改造車

当時はいくらでも走っていた419系。

水橋の雪山バックを行く、419系普通列車

水橋の雪山バックを行く、419系普通列車

以上、読んでくださり、ありがとうございます。

2017/11/29追記

一連の記事でご紹介した北陸本線の撮影地データを北陸本線撮影スポット24選(2010年版)にまとめましたのでこちらも是非ご覧下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください