三段スイッチバックとおろちループ 木次線絶景撮影地10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とりあえず10選

今回は木次線です。実は今年の6月に行こうと予定していたのですが、当日思いの外暑そうだったので先送りしたところ7月の西日本豪雨で運休に。復旧まで一年以上とのことだったのが予想外に早く復旧となったので出掛けてきました。

キハ120はあの安っぽい造りがあまり好きではなかったのですが、三江線で撮りまくったので最近は愛着を感じます。

実は木次線には2012年の冬に二度ほど出掛けたことがあるのですが、どれもぱっとしないので今回の記事では紹介していません。この冬に頑張りたいと思います。(とはいえ、木次線の出雲横田から先は毎年真冬には運休になるので冬の前半が勝負ですね)

撮影地は、備後落合側から順にご紹介します。

おろちループ

今回、ここより備後落合寄りでは撮影しなかったのでいきなりおろちループまで飛びます。ここからは絶壁に沿って走る列車を撮ることができます。この眺め、個人的には気に入っているのですが検索しても作例がほとんど出てきません。あまりに安易すぎ?

おろちループではあちこち動き回り、5箇所で撮影してきました。それぞれの位置と撮影方向は下図の通りです。

木次線撮影地

おろちループ各撮影地の位置関係

順番にご紹介します。

ポイント1

三井野大橋の備後落合よりから撮ります。昔買ってあまり使っていなかったシグマの12-24を使って無理矢理撮りました。このレンズは周辺がぼけるのでこれでしか撮れない場合に限って使用しています。無理して撮りましたが、周辺もくっきりなキヤノンの17-40ズームで撮影したポイント2とアングル的に大差無いような気もします。

木次線撮影地

超広角で無理矢理同じ画面に納める

作例のレンズ焦点距離(35mmカメラ換算)

15mm×1.3

作例の撮影時刻

12:06

光線状態

午前中順光です。

地図

Googleマップ

ポイント2

国道314号線の真上から撮りました。国道と鉄道を並列に扱ってみた(つもり)です。

木次線撮影地

作例のレンズ焦点距離(35mmカメラ換算)

17mm×1.3

作例の撮影時刻

8:37

光線状態

午前中順光です。

地図

Googleマップ

ポイント3

さらに道の駅側に寄りました。眼下の国道は見えません。カメラの向きに気をつけないと、三井野大橋の橋脚が画面の隅に入ってしまいます。岩泉線の押角峠ばりに秘境感を出してみた(つもり)です。

木次線撮影地

「人里離れた山の中を走る」風

作例のレンズ焦点距離(35mmカメラ換算)

12mm×1.3

作例の撮影時刻

16:31

光線状態

午前中順光です。(しかし、作例は午後撮影しています。曇っていたので…。)

地図

Googleマップ

ポイント4

今度は道の駅から、三井野大橋を入れて撮りました。この赤い橋は山の緑に映えますね。

木次線撮影地

作例のレンズ焦点距離(35mmカメラ換算)

17mm×1.3

作例の撮影時刻

9:48

光線状態

午前中順光です。

地図

Googleマップ

ポイント5

ループを入れて撮りました。巨大なループを横目に見ながらけなげに走る列車を表現してみた(つもり)です。

ところで、列車の位置わかりますか?

木次線撮影地

「巨大なループを横目にけなげに走る」風

作例のレンズ焦点距離(35mmカメラ換算)

13mm×1.3

作例の撮影時刻

9:48

ちなみに偶然ポイント4からの写真と同時刻ですが、こちらはポイント4の翌日に撮影しています。

光線状態

午前中順光です。

地図

Googleマップ

出雲坂根駅三段スイッチバック

このスポットは真島満秀先生の著書でも紹介されています。

また、こちらのサイトには行き方も含めて詳しい解説があります。(今回はこちらを参考にさせて頂きました)

 いいもの!みっけ! 木次線 出雲坂根駅付近の撮影地案内

どうも以前に撮られた写真と比べると樹木が成長しているような気がします。(それとも、夏のせいでしょうか?)

上段の左に見えるスノーシェッドはほぼ木々に隠れつつあるような気がします。

まず、木次方面から来た朱色の単行が下側の線路を左から右へ。

木次線撮影地

木次線三段スイッチバック

次に備後落合方面から来たおろち号が上の線路を右から左へ。

木次線撮影地

木次線三段スイッチバック

光線状態

日中順光です。

地図

Googleマップ

矢印の向きは、撮影方向を示します。

このあと朱色の単行が上段を行くのを撮り、おろち号が下段を通るのを待っていたらいきなり土砂降りとなり、おろち号は諦めて途中に止めた車に戻りました。

こちらへのルートは前述のサイトに詳述されていますが若干の補足を。

旧道から斜面を上がるのですが、そのポイントはこちらです。急斜面ですがロープが設置してあるので助かります。

木次線撮影地

木次線三段スイッチバックお立ち台登り口

また、この斜面があるポイントは下記の地図の通りです。

Googleマップ

出雲坂根駅から行った方が近いのですが、わたしはうっかり三井野原駅側から入ってしまいました。道路はそれなりに手入れされているようですが随所で雑草が茂り、太い丸太が転がっている箇所もありましたのであまり車では行きたくない場所ですね。

大した距離ではないので出雲坂根駅から徒歩で向かわれるのが良いと思います。

木次線撮影地

旧道は徒歩で行くのがお勧め

出雲坂根-八川間1

夏の昼下がり、山奥へ続く小道を横切ってのんびりと列車が進んでいきます。

木次線撮影地

光線状態

午後順光。

地図

Googleマップ

矢印の向きは、撮影方向を示します。

出雲坂根-八川間2

お米が実った田んぼは、それ自体が美しいですね。

木次線撮影地

光線状態

午後順光。

地図

Googleマップ

矢印の向きは、撮影方向を示します。

出雲三成-出雲八代間

ここも、美しい田んぼが広がります。列車の姿もかろうじて入ります。

木次線撮影地

光線状態

午後順光です。

地図

Googleマップ

矢印の向きは、撮影方向を示します。

下久野-日登間

ここはストリートビューで見つけました。曇りがちの一日でしたが、幸いにも列車の通過に合わせて日が射してきました。

木次線撮影地

光線状態

朝~日中順光(列車正面は午前中順光)

地図

Googleマップ

矢印の向きは、撮影方向を示します。

以上、読んで下さりありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください