冬の極寒北海道でハイエース断熱化の実力をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

先般、下記の記事にて極寒の北海道における寝心地についてレポート致しました。

極寒でエンジンを回さず快適車中泊する6つのコツ

この中でもご説明しましたが、今回の北海道旅行では全行程の車内温度と外気温度を温湿度データロガーで測定、記録しました。

帰宅後にこのデータを抽出してチェックしたところ、面白いことが分かりました。

断熱では車内の温度は2℃くらいしか上がらない?

これまでの記事では、ボディの断熱に加えて、下記のような対策を施して断熱の効果を検証してきました。

  1. 窓にスタイロフォーム製断熱パネルを取り付ける
  2. さらにその上に断熱性のあるウレタン製マットレスを敷く
  3. ベッド上面の全面側を銀マットで塞ぐ

断熱グレードをアップすることにより、電気毛布程度の発熱でも熱が逃げずに車内の温度を上昇させることを目論みましたが、結果としては何もしない場合と比較してその差はせいぜい2℃くらい、という結果でした。

そして、せいぜい2℃くらいだったとしても、寝る場所の床面の断熱冬山用の寝袋、そして適宜電気毛布ハクキンカイロの力を借りれば冬の極寒北海道でも車中泊は十分可能である、というのが極寒でエンジンを回さず快適車中泊する6つのコツの趣旨でした。

これまでの記事での温度変化のグラフはこんな形でした

黄色のマーカーが車内温度と外気温度の差で、これが高いほど車外に比べて車内が暖かいことになるのですが、電気毛布を発熱させたとしてもその値は2~3℃程度と、たいしたことはありませんでした。これはこれである意味正しいのですが、実はこれが全てではありませんでした。

ハイエース断熱化

これまでのテストでは、断熱の効果を明らかにできませんでした

北海道上陸1日目、2日目の温度グラフを見て気がついた

1日目のグラフは車内温度と外気温の差がかなり大きい

前回の記事、でご紹介したとおり、1日目の占冠村での車中泊が一番気温が下がったのですが、この時の温度グラフは下記の通りです。

ピンクの部分がフェリーの中、その右の白い部分が移動中、一番右の黄色い部分が占冠村で停車中(エンジン停止)の状態を示します。

ハイエース断熱化

外が極寒であるため、走行中にヒーターで車内を暖めたら車内外の温度差が25℃になった

外が極寒で車内と外気の温度差が大きく、しかも外気温度がどんどん低下しているため、車内の温度もどんどん低下しています。しかし、黄色のマーカーで示された車内外の温度差を見ると停車していた時間が6時間と短いこともあってか当初は25℃程度あったものが一番低くなった午前五時頃の暖気開始前でも6~7℃程度と、これまでのテスト結果と比べるとかなり大きいです。

2日目も同じ形のグラフ

次の日は占冠村から南富良野町へ移動しました。このときのグラフはこちらです。

ハイエース断熱化

2日目も、車内外の温度差は20℃弱まで上昇

2日目は、初日ほどではないですが外気温が低下するのに伴って車内温度も低下し、最終的にその差は2.5℃程度になっています。長時間エンジンを掛けずに停まっていたので最終的に2.5に下がりましたが、エンジンを切ったあとは1日目のグラフと同様、温度差の低下は急ながらも、温度差が高い状態を長時間にわたって保持できています

つまりこういうことだった

上陸1日目のグラフと2日目のグラフを重ねてみると、こうなります。

ハイエース断熱化

2つのグラフは綺麗に重なる

赤の矢印で示した部分が2つのグラフの重なる部分です。

両者のグラフの重なった部分の形はほぼ一致しており、外部の温度変化にかかわらず時間経過に対する車内外温度差の変化はほぼ同じ経緯をたどる、と言えそうです。

車内外温度差はある程度推測可能

だとすれば、そのときの外気温度にかかわらず、寝る前に車内を車外温度+25程度に温めておくと8時間後にもまだ車外温度+5くらいの温度を保っている、といった推測ができそうです。ただ、この車外温度+5がどこまで暖かいのか、と問われるとそれは外気温次第、ということになりますが。

ハイエース断熱化

車内を車外より25℃暖かくすると、8時間経ってもなお、5℃暖かい

以前の測定は、この一部を切り取っていた

そして、最初にご覧いただいた、これまでの記事での温度変化のグラフは、この全体像の終わりの部分(下図の黄色の網掛け)のみを切り取っていた、ということのようです。

従って、ほぼ下がりきった平衡状態での温度差は、電気毛布1~2枚程度の加熱ではほとんど変わらない、ということになっていたのです。(そして、これはこれで正しいのですが)

ハイエース断熱化

これまでのテストは、黄色の部分を切り取っているだけだった

結論

  • 各所の断熱を行っても、車内外の温度差が下がりきった平衡状態の温度差を大きく変えることは難しく、ここから車内温度を上げるにはアイドリングFFヒーターなどによる大規模な加熱が必要
  • ひとたびこれら大規模な加熱によって車内外の温度差を20℃程度まで引き上げれば、断熱の効果によってその後の車内外温度差は数時間にわたって有意に大きめの値に保たれる。
  • 車内外温度差は、車外の温度変化に関係なくほぼ同じ経緯をたどって2~3℃程度の平衡状態に至る。

補足

ということで、断熱は実は非常に効果があった、ということがわかりました。

なお、わたしが行った断熱の仕様は下記の通りです。

  • 屋根 銀マット(結露防止用)貼り付け+グラスファイバー封入
  • 荷室側面 銀マット貼り付けのみ
  • 床面(床マットの下) 銀マットを敷き詰める

もう一つ影響が考えられるのは、暖まったエンジンからの放熱です。断熱エンジンからの熱の供給という2つの作用の効果により、このように長時間にわたって暖かい状態が保たれているのではないかと推測します。

エンジンの効果を除いたテストは今の状態ではやりようがないのでこの推測が正しいかどうかは確認できませんが…。

 

以上、読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA